日別アーカイブ: 2017-1-20

便秘になる原因とは

便秘に悩む人は特に女性に多いと言われていますが、最近では男性にも多く見られるようになってきました。適度な運動をして、食物繊維を摂り、お水を飲めば改善するという認識が一般的ですが、それでも薬に頼ったり、毎朝トイレストレスを抱えている方には容易なことではありません。では、なぜ便秘になるのか、そこには様々な原因があります。まずは大腸の働きと便秘の関係を知り、腸内環境の仕組みを知ることによって、便秘改善の道を探ってみましょう。

大腸の長さは約1.5メートルで、通常食べ物は口を通った後、胃と小腸へと消化・分解を経て食べかすになり、大腸は最後の仕上げを担っています。食べかすはドロドロの状態から、大腸を抜ける間に水分が吸収されて固まり、便となって排泄されます。健康な大腸の状態の場合、縮んだり緩んだりを繰り返す「ぜん動運動」をすることによってスムーズな排便を促します。しかしながら、この動きが悪くなるとスムーズに排泄されなくなり、便が排泄されにくくなります。

その大きな原因として、食生活の乱れや睡眠・運動不足、精神的ストレス等が挙げられます。腸内環境は乱れ、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れることによって便秘になります。特に女性はホルモンの影響もあり、生理前になると多く分泌される「ホルモン」によって腸の働きが弱くなり、便秘になりやすくなります。まずは、食生活の乱れを見直すことから始めることをお勧めします。では、便秘改善のポイントをご紹介します。