便秘改善のポイント

食生活が乱れていると、偏った食事や食物繊維不足、過度なダイエットによる少ない食事等でお腹の環境は乱れてしまいます。便秘になると、便が長い間腸に居座ることになり、腐ってしまって有毒な物質を発生させます。その物質は腸壁を通って血液内に運ばれ、全身に行き渡ってしまい、肌荒れや吹き出物、口臭や体臭物等にまで様々な悪影響を及ぼします。そうならない為にも、腸内環境を整え、本来の腸の健全な働きを維持する必要があります。

腸内環境を整えるとはどう状態かというと、腸内の善玉菌が増え、悪玉菌が減っている状態を指します。善玉菌とは、健康維持や老化防止に役立つ働きをする菌で、悪玉菌とは腸内の有害物質を作る等体にとっては悪いとされる菌です。善玉菌は身体の免疫力を高める働きがあり、弱くなると病気を発症しやすくなります。また、善玉菌は乳酸等を生成する働きもあり、腸を刺激し、排便を促す力もあります。善玉菌と悪玉菌の総合計は常に一定で、善玉菌が多い程健全な状態が保たれていることになります。

つまり、善玉菌を増やすことができれば、便秘の解消に繋がります。ここでお勧めなのが、オリゴ糖を摂取して善玉菌を増やす方法になります。オリゴ糖とは善玉菌のエサとなる糖類の一種です。