未分類」カテゴリーアーカイブ

オリゴ糖と便秘の関係

オリゴ糖とは、ブドウ糖や果糖、ガラクトース等三種類以上の糖分で構成される糖質の一種で、胃や小腸で消化されにくく、大腸まで届く為、善玉菌の最適な栄養源となります。オリゴ糖の摂取によって善玉菌が腸内で増殖すると、腸内は酸性に保たれ、悪玉菌の増殖を抑えると共に、消化や吸収を助け、腸の働きを活発にし、排便を促す効果があります。

腸内細菌の総量は決まっており、善玉菌が増えると悪玉菌は減少し、善玉菌が減ると悪玉菌が増えるというように、常に両方のバランスが保たれています。善玉菌が多い状態を保つことによって、腸内はベストな環境でいることができます。

腸内の善玉菌が増えることにより、便秘の改善はもちろん、美肌効果、または血中の善玉コレステロールも増えると期待されています。これによってコレステロールや中性脂肪を抑制させる為、動脈硬化を防ぐ役割も果たしています。また、体内でカルシウム等のミネラル成分の吸収を助ける働きや便の腐敗を遅らせたり、免疫力を高める、肝機能の改善にも役立つとして、様々な効能が期待されています。つまり、便秘解消の効果だけではなく、腸内はもちろん、健康な身体の維持に大きく関わっていると言えます。